スマホの代表的な害3つと正しい使い方

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

スマホのデメリットが続々報告されはじめてる現代。スマホを上手に手懐ける正しい使い方とは?というのが今日の話。

スポンサーリンク


スマホの害3選

「スマホは諸刃の剣!使い方次第で毒にも薬にもなる」

スマホやパソコンは便利なデバイスですが、現代人のメンタル、健康、生産性を崩壊させる要因にもなってるわけです。代表的なのは以下ですね。

  • スマホの使い過ぎでADHD率が上がるかも
  • スマホの通知で途切れた集中力を戻すには25分かかる
  • 夜間のブルーライトでメラトニン分泌が阻害され眠れなくなる

この辺のことは過去記事でもまとめてるので、参考にどうぞ。

ところが…だ

スマホの正しい使い方

「俺…そんな悪もんちゃうやろ…?」

このようにスマホに不利なデータが出まくってる半面、やはりスマホは僕らの生活を豊かにしてくれる面も数多いのであります。

たとえば僕はよく外出先からブログ記事を書きますが、それができるのはスマホのおかげです。活動量計アプリでは「何歩歩いた」「いつ、どれぐらいストレスを感じた」「いつ、どれぐらい集中できていた」などを計測できるので仕事のタスク管理にも役立ってます。

てことで結局、スマホは使い方次第で毒にも、薬にもなるなというのが結論でして、一番良い対策は『使い時間を絞る』『使う用途を絞る』の2点かなと。

最も危険なのは「理由はないけどダラダラ使う」状態ですわな。気をつけよう。

では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)