覚えたいことはイラストに描いて記憶定着

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

「覚えたいことは絵に描くと記憶定着しやすいよー」というデータがあるわけです。たとえば、

ついでに「誰かに説明するつもりで覚える」「覚えたいことを口に出して読む」のも記憶定着を助けるそうな。

てことで、ぼくも記憶定着のために『絵に描く+説明する』てことをはじめてみたのですが、たしかに本を読むだけより頭に入りやすくなったのぅ。

スポンサーリンク


サラッと描くラクガキでも記憶定着を助けてくれる

記憶したいならラインマーカーより絵を描く方がいい

記憶に残したいことはラインマーカーを引くのが定番ですが、ウォータールー大学の研究によると『覚えたいことをイラスト化すると記憶力2倍になるかもよ?』と示唆されています。

たとえば、リンゴという単語を覚えたければ、リンゴの絵を描きながら記憶するといいわけですな。

しかも4秒ほどでサラッと描いた絵でも効果あったそうで、絵の上手い、下手は関係ないみたい。ちなみにこれをドローイング効果といいます。

すなわち

上手さより『覚えたいことをイラスト化した事実』が重要っぽいのですが、これは勉強にも仕事にも役立ちそうですね~。

たとえば、僕も勉強した心理学の知識をこうやってイラストと共に発信してるわけですが、以前より記憶定着率は上がったように思えています(主観ですが)

ぼくらは流暢性バイアスが備わってまして、本を読んだり、人の話を聞いても「なるほど!分かった!」と、まだ理解してなくても理解した気になってしまうんですな、そんで復習しなくなると。

ドローイング効果はそんな場面でも役に立ちそうですね。「なるほど!わかった!」と思うことをとりあえずサラッとイラスト化してみるといいかもしれません。てことで、試してみよー。

では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)