色を変えられる電球TP-Link kasaスマートLEDランプ導入した感想

照明の色や明るさによって僕らの気分が変化するのは有名な話。

照明の色と気分のデータ
  • 日中の明るい白色光は「認知力」「集中力」を上げる
  • 黄色い暖色光は「クリエイティビティ」を上げる
  • 休憩中の青色光は「リラックス効果」を3倍高める
  • 夜間に1,000ルクス以上の光を浴びるとメラトニン(睡眠に必要なホルモン)の分泌が減る

頑張るときは明るい色、アイデア出しは暖色、休むときは青色、みたいな感じですね。もちろん寝る前は明るさを落とします。

てことで、スマホで自在に色を変えられるTP-Link KasaスマートLEDランプという電球を導入してみました。

KasaスマートLEDランプでできること

「これがKasaスマートLEDランプだ」「見た目は普通の電球っぽいだろ?」「そうですね」「ところがこいつが、すんごいのだ」

Kasaは自宅のWi-Fiと接続すればスマホで操作可能。大まかに以下3つが行えます。

  • 照明の色を好きに変えられる(1600万色)
  • 照明の明るさを好きに変えられる(昼は明るく、夜は暗くなど)
  • 色や明るさの変更をタイマーで自動化できる

これらの機能を使えば、行ってるタスクや時間帯に応じて、最適な光を選べるわけですね。優秀…優秀だよ、Kasa…。

TP-LINK japan kasa-led

選べる色は1600万色

選べる色はほぼ無限大なので、たとえばアイデアを出したい時は薄暗い暖色にし、アイデアをまとめたいときは白で超明るく…みたいに切り替えができます。以下のような使い方がおすすめ。

  • 白色:集中したいとき、脳を使うとき、日中
  • 暖色:リラックスしたいとき、アイデアを出したいとき、夜間
  • 青色:リラックスしたいとき、休憩して疲れを取りたいとき

色は1600万色、プリセットもある「タスクによって色を変えられるわけだぜ」

明るさも自在に変えられる

明るさを自由に変えられるのも嬉しいポイント。

照明の明るさで集中力や睡眠の質がかなり変わりますから、以下のように切り替えるのがおすすめ。

  • 日中:明るくして覚醒効果を得る
  • 夜間:暗くしてメラトニン分泌を促進する

夜間はKasaの色を暖色に変えつつ明るさを落として、さらにオレンジグラスでブルーライトカット対策を施しています。

オレンジグラスで睡眠の質が上がるのは以前もまとめた通り、かなり眠りやすくなるのでおすすめです。

ブルーライト対策に山本光学のオレンジグラスを導入してみた感想

操作はタイマーで自動化も可能

色や明るさの変更は、スケジューリングして自動化もできます。

たとえば僕は、夜12時に向けて照明がどんどん暗くなるように設定していまして、読書もできないぐらい暗くなったら自然と布団に入れるようにしています。

色や明るさをタイマーで管理することも可能、たとえば寝る時間にむけてだんだん暗くすることができる

まとめますと

KasaスマートLEDの良いところをまとめますと

Kasaの良いところ
  • 色を自由に変えれて
  • 明るさを自由に変えれて
  • 自動設定も可能

今んとこ、買ってよかったと思う毎日です。

ちなみに接続にはWi-Fi環境が必要でして、Wi-Fiルーターの近くで一度設定しなきゃいけません。と言っても面倒でもないし、早ければ2~3分で終わると思います。