【先伸ばしの心理】大事なことを後回しにしてしまう原因がなるほどすぎる



『大事なこと』はなにより優先したいですが、つい先伸ばしになりますよねぇ(趣味、運動など)。その原因を調べたら怖いことが分かったので、みんなとシェア。

結論から言うと、僕らは『重要度』より『緊急度』で行動を選ぶバイアスが備わってるんだそうな。

え!?

しかも、忙しい人ほど『簡単で』『すぐできる』ことしかやらなくなっていくそういでござんす。怖いですねぇ。本当にやりたい大切なタスクより、どうでもいいタスクを優先してしまう理由は『すぐ終わる』『簡単だから』というわけ。

↓今回の喋り版↓

【アイゼンハワーマトリックスというタスク管理方法】

先伸ばし回避の方法は『アイゼンハワーマトリックス』てのが有名で、以下のようなこなせば大事なことが先伸ばしにならないと言われとるのですが。

  1. 【優先順位1】重要度高い、緊急度高いタスク
  2. 【優先順位2】重要度高い、緊急度低いタスク
  3. 【優先順位3】緊急度高い、重要度低いタスク

これからご紹介する研究では『分かってるけど、この通り動くの難しくね?』と言われてるんですねぇ。

うーん…難しいんですねぇ 怖いのはここからなんだよ

【人間は『重要度』『緊急度』どちらを優先するのか】

ジョンズホプキンス大学は『人間は重要、緊急どちらに反応しやすいか』調べるため、被験者に2つのタスクを提示しました。

  • 5分しか時間がないが20ドルもらえるタスク
  • 50分余裕があり25ドルもらえるタスク

もらえるお金は50分25ドルの方が多いわけですが、多くの被験者は『5分20ドル』を選んだんだそうな。つまり、もらえる金額の多さより『早く終わること』を優先したわけですねぇ。

!?なぜですか?

研究チームいわく『我々には、重要なタスクより締め切りが近いタスクを選びたがるバイアスが備わっている』とのこと。時は金なりみたいにスピードを重視するあまり、重要なこと(趣味、運動など)を後回しにしてしまうのでござるな。なるほど、スーパーのタイムセールに人が群がる理由はこれだったか。

研究者はこれを「単純緊急性効果」と名付けました。

そしてこんなこともわかっている

【一度ハマると抜け出すのが難しくなる】

単純緊急性効果にはこんなことも分かっていまして。

  • 普段から『時間がない』と思ってる人ほどはまりやすい
  • 一度ハマるとどんどん悪化する

とのこと。忙しいと思ってる人ほど時間が疾風のごとく過ぎ去るのは有名ですが、単純緊急性効果にはまりやすい害もあるんですねぇ。『時間がない』と思うほど簡単なことしかできなくなっていくのは以前もまとめた通り。

ToDoリストも『どうせ作っても簡単なことしかやらなくなるから意味なくね?』と言われはじめてるし、「そういえばいつも本当にやりたいことが後回しになってるなぁ…」という場合は、きちんと対策した方が良さそうですね。

もちろん、それだけじゃあないんだな~…

【解決策がある】

いちおう、研究チームによる解決策も提案されていたのでご紹介。

  • 今一度、価値観を見直すべし

シンプルですが、自分が本当にやりたいことってなんだっけ?を問うわけですね。それでバイアスの影響はかなり下げれるみたいです。過去にやった『圧倒的目標達成術』でもその方法を述べてるので合わせて参考にどうぞ。

あと、忙しい時間感覚はストレスでもたらされることも分かってるので、ストレス対策も合わせておこなった方が良さげ。なんにせよ、気合いや根性に頼るのはやめた方がよさそうです。

というわけなんだぜッ わかりました、ありがとうございます

【まとめますと】

つまり、僕らは『大事なこと』より『すぐ終わること』を優先してしまう習性がある、という話でした。それが先延ばしの原因になってるんですねぇ。

解決策は、ストレス対策で時間感覚を歪みを直すか、定期的に人生の価値観を問いただすのが良いっぽいです。

でば、ばいびー



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)