頭の良いキャラを演じれば頭が良くなるっぽいぞ?という件

『思い込みが脳に影響を及ぼす』という研究は多いわけですが(プラシーボとか)、仮想空間で頭の良い人物の役を演じると、頭が良くなるって話を聞いたのでシェア。

結論言うと、VR仮想空間でアインシュタインの役を演じた若者は脳の認知力や老人への偏見がなくなった、という実験でござんす。

へぇ~…なんか不思議です もちろん理由がある、説明しようッ

↓今回の喋り版↓

スポンサーリンク


【アインシュタインになったと思い込むと頭が良くなる】

なぜそれが判明したのか?実験はこうだ

これは、バルセロナ大学が30名の被験者を対象におこなったもので、彼らにまず認知テストを受けてもらったうえで2グループに分け、VRの仮想空間で遊んでもらいました。

  • Aグループ:仮想空間でアインシュタインになる
  • 2グループ:普通の中年おっさんになる

その後、再度認知テストをおこなったところ、アインシュタインになったグループはテストの成績が向上、つまり頭が良くなったのでござるな。ついでに『老人は頭が悪い!』などの偏見もなくなったんだとか。

【自尊心が低い人ほど『なりきり』の効果がある】

この実験では、事前のテストで自尊心が低かった被験者ほど頭が良くなる効果があったんだそうな。つまり普段から自分に自信がなく、不安を抱えてる人ほど、頭の良い人物になりきることで脳機能がアップしたんですねぇ。

ちなみに、効果がどれだけ持続するかは今んとこ不明。ただ、研究チームいわく『頭の良い人物を演じることで自尊心が上がり、不安や自信が改善されるからじゃね?』とのことなので、定期的にやった方がいいのかもしれませんねぇ。

すなわち

つまり、VRでアインシュタインになるのが重要なのではなく、自尊心や自己肯定感を高めるのが重要なんですな。自尊心高まると浪費癖も収まるし、頭も良くなるし、良いこと多いんでメンタル改善試してみるといいかも。

VRでアインシュタインになるのは手軽じゃないんで、頭の良い二次元キャラとかになりきって過ごしてみるといいかもしれませんねぇ。

【まとめますと】

つまり、頭の良いキャラになりきって自尊心が高まれば、頭が良くなるかもよ?という話でした。ためしに今日から語尾に『~で相対性理論よ』を口癖にしてみます。

というわけなんだぜッ わかりました、ありがとうございます



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

おすすめ記事(一部広告含む)