「逃げずに戦え」「最後までやり遂げろ」←そんな言葉無視してOK

世の中には科学的根拠が乏しい時代遅れな価値観も多いのです。中でも代表的なのが以下2つ。

  • 逃げずに戦え
  • 一度決めたことは最後までやりとげろ

まぁ「逃げずに戦え」は状況によって正解にもなりますが、基本スタンスとしてこの2つは現代社会では不合理なので、言われても無視してOK。豊かになる率よりメンタル病んで不幸になる率のほうが高いでしょう。

スポンサーリンク


余計なストレスは遠ざけるべし

戦うな!逃げろッ!

ぼくは体育会系だったので、逃げるのは悪だ!逃げるのは恥だ!と聞かされて育ったわけです。

ところが…だ

ところが、科学的根拠を調べると『ストレスは遠ざけろ』『嫌いな人間と関わるな』『柔軟性持って前言を撤回しろ』てなことが正しいデータの方が多いのでござんす。

まぁ、逃げずに戦った方がいい場面もあるけど(先延ばしとか)、それ以上に『戦わない選択肢が正解』な場面が多すぎるんですな。

てことで、むやみに人に「逃げるな!」「逃げるのはダサイ!」みたいなことを言わない人間になろうと思う今日この頃なのであります。

それでも「逃げてはいけない…」と思ってしまうときは?

ところが頭ではわかっていても、今まで刷り込まれてきた価値観はカンタンには拭えないもの。こういった一般論には同調圧力もありますからねぇ。

たとえば1950年代にアメリカの心理学者ソロモン・アッシュがおこなった実験によると、人は『明らかに正しいと理解してることよりも、人との同調を優先する』ことがわかっていまして、周囲が「逃げるな!」「そうだそうだ!」といってる環境にいるとどうしても屈してしまうみたい。しかもメンタルが弱ってるときほど、その傾向は顕著なんだそうな。

てことで、そんな場合の解決策は以下3つがよろしいかなと。

というのが結論だぜ、ドゥーユーアンダスタン? イエス、アイドゥー



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

おすすめ記事(一部広告含む)