意見が違う人間を説得するのは時間の無駄であるッ

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

世の中には『相まみえない価値観の人』がいるわけです。

なかには相手を自分の価値観に納得させなきゃ気が済まないタイプの人もいて、そういう人はやたら「オレはこう思う!お前もこうしろ!」と絡んでくるんですな。

で、そういう人にはスルースキルを発動して人生から消し去ればOKなのですが、

なかには「いやそれは違う!」と反論したくなる人もいるはずです。「論破すれば何かが変わるはず」と信じてる人のことですな。

結論からいうと、反対意見の人を説得するのは時間の無駄です。

てなことはイリノイ大学や、コロラド大学の研究でも明らかになってること。

スポンサーリンク


人は「信じた意見」を覆さない

反対者の説得は時間の無駄であるッ

心理学の世界では『相手の意見は覆せないから議論すんな』みたいなことが度々述べられてましす。

たとえば、イリノイ大学の研究では「フェイクニュースを信じた人の考えを正すのは無理」と判明してたり、コロラド大学の研究では、遺伝子組み換えに反対してる人に「遺伝子組み換えはすでに安全性が証明されてるよ」なんて反証を突きつけても、相手の考えは変わらないってことがわかってるんですよ。

とどのつまり、反対意見を述べる者との対峙は時間の無駄なのです。

納得させるのは難しいし、納得してもらったとこで労力に見合うだけのメリットはないんで(すげーストレスたまるし)、意見が食い違う人は『じゃーさよなら』が現代では正しい対処法なんですな。

んまぁ…つまりだな

ぼくらが時間をつかうべきは「反対意見を訂正させること」ではありません、コンテンツを作り、届けることです。

否定的な言葉を言われるとカーッと頭に血が上りますけど、そこはグッとガマン。そこで議論して得するケースはほぼないんで、自制心発揮してスルーを決め込むのがよろしいですね。

当サイトの読者さん達は聡明なので、それができると信じてるぜ。

んじゃ、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)