1秒以内に感情を落ち着かせるサード・パーソン・セルフトーク



瞬間的にイラッとしたり、落ち込むことは人生では割けられないわけです。

そこで心理療法の世界では感情を即座に切り離す技を使いメンタルコントロールするわけですが『1秒以内に感情の興奮を抑える方法』を聞いたのでみんなとシェア。

結論から言います、三人称で独り言を呟きましょう。

なにィ

端から見ればヤベー奴っぽくなりますが、口に出しても、心の中で呟いてもOK。一人称と三人称の違いはこんな感じです。

  • 一人称:俺は今ムカついている
  • 三人称:たっつーは今ムカついてるみたいだ

こうして、自分の感情を他人事のように捉えれば、興奮を瞬間的に切り離しやすいとわかっています。

↓今回の喋り版↓

【感情は1秒で切り離される】

「どんな実験をしたんですか?」「解説しようッ」

オハイオ州立大学は、37人の学生が『普通の写真』と、『ストレスが溜まる暴力的な写真』を見たときの反応を2パターン分析しました。

  • 一人称の独り言で反応するパターン
  • 三人称の独り言で反応するパターン

そのうえで両者の脳波をEEGで計測したところ、三人称で反応した学生は平均1秒以内に感情が収まったんでござるな。ちなみに三人称の独り言を『サード・パーソン・セルフトーク』と言います(そのまんま)

イライラからの復元も早くなる

別の実験では、サード・パーソン・セルフトークを行った被験者は脳の認知機能への負担が小さかったことがわかっています。

ざっくり言うと、自分の悩みが他人事みたいやなどうでもよくなったわけやで、工藤ッ

【なぜ三人称だと悩みが他人事化する?】

自分の感情を客観視してコントロールしやすく手なずけるテクニックは過去にも色々話題にしてきたわけですが、ここ最近もどんどんデータが揃いつつありますねぇ。

研究チームいわく、感情を三人称で捉えると、他人の出来事を眺めるのと似た心理状態になり一歩引いて眺めることができる、とのこと。

たしかに、映画の失恋シーンに感情移入はできても、食事が喉を通らなくなることはありませんからねぇ(映画館出たら笑顔でモリモリ食事できてしまう笑)、感情が高ぶったら、自分を映画の登場人物だと思って眺めると良いかもしれませんね。

「是非、試してみてくれ」「役立ててくださいね」

【まとめ】

まとめますと、感情をコントロールするには自分を客観視するのが良くて、サード・パーソン・セルフトークを使えばそれができそう。

とはいえ、感情を切り離すのは最終手段にしたいものです。小さなイライラも積もればメンタルを破壊するからでござんす。

僧侶の中の僧侶ダライ・ラマですら「瞬間はイラッとする」と申してる通り、僕らは感情を無にすることはできないんですよねぇ…(天然で痛みに無頓着なサイコパスなら別ですが)、だからストレスからはそもそも遠ざかった方がいいわけでございます。

  • あなたに危害を加える人物を近づけない
  • もし近づいてきたら絶対関わらずスルーする

生活を守るにはこの2つが必須ルール。クリエイターにとっては、荒らしやアンチが危険人物に該当することが多いです。危険人物からの攻撃が原因で心を折られて、創作活動できなくなる人も多いですからね、注意したいところ。

と、いうことで危険人物を「近づけない」「スルーする」方法をまとめてるので、身に付けたい人は続きにどうぞッ

おすすめ_圧倒的スルー術

では、ばいびー



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)