『アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術』読んだ感想



アニメ私塾の室井安雄さんの書籍を購入したのですが「すごいな~」「分かりやすいな~」と唸るポイントが多かったのでメモメモ。

どんな本なんですか? それは…

最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術とは

『最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術(長いので以下「本書」)』は、ざっくり言うと『効率的に絵を上達する方法』が述べられてる本でございまして、例えば模写を練習するにしても本書の知識を知ったうえで模写すればササッと上達できるようになるのでは?という印象を受けた次第です。

具体的には以下3つのスキル習得が期待できるのではないかと思います。

 

セオリーの習得

ノースカロライナ大学のレビューでは、絵の上手い人と下手な人の違いに『視覚情報の記憶力』が挙げられています。(過去記事:圧倒的イラスト上達術を参照)

ざっくり言えば絵の上手い人は「手はこういう形」「足はこういう形」「ジャンプすると重力で髪はこう動く」みたいなことを記憶しているわけですな。んで本書ではそういったセオリーを頭に入れることができるので、絵を描く速度や制度をアップできそうな予感がプンプン漂っております。

絵に限らず何事も「セオリー」を頭に入れてると上達速度が上がることが示唆されていますが、例えば以下のようなことを知れば絵を描くのは楽になりますよね~。

  • 大人、子供、老人…年齢による顔の特徴とは?
  • 男性、女性…性別による体のつくりの違いとは?
  • 服のシワや物体の形状…物理的に無理がない動きとは?

本書には↑こういうことが書かれてるので初心者でも読み応えがあるのではないかとッ

すぐに試せそうですね

正しさと間違いの習得

本書では『この絵のここは物理的におかしいよ~、正しくは…』『ここはこうした方が二次元向きになるよ~』みたいに『よくある間違い例』をたくさん掲載してくれています。例えば…。

  • 手のひらを床につくと手首の間に隙間ができる
  • 教室の絵では机と机の距離が狭くなり過ぎる傾向にある
  • 足は股関節から曲げないと固い印象になる

などなど。普通に絵を描いてると案外スルーしがちなことが絵のリアリティを損なっていたのだと気付かせてくれますねぇ。

少ない線で描く取捨選択能力

前述したノースカロライナ大学のレビューや、2010年ニューヨーク市立大学の実験では『絵が上手い人ほど取捨選択能力が高く、少ない線で対象を描くのが上手い』ことが分かっていまして、室井安雄さんもまさに少ない線で描く取捨選択能力がバリ高いわけであります。

んで本書では「情報を取捨選択して少ない線で描く」ことが推奨されてるわけですが、これは科学的にも理にかなっていて、身に付ければ絵の上達に役立つんですな。

まとめ

まとめますと、絵の初心者から中級者まで効率的に絵の上達に必要な知識3つを得られるのでは?と感じた次第です。

「そもそも本を読む集中力が足りない」「絵を描く時間が作れない」という根本を変えたい方は僕の記事やPixivを参考にしてくださいな。ではでは。

というのが結論だぜ、ドゥーユーアンダスタン? イエス、アイドゥー



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)