寝る前に明日の予定を書くと睡眠薬並みに眠りが早くなると判明

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

『寝る前に5分間、明日の予定を書くと、睡眠薬並みに眠りが早くなるぜ』って話を聞いたのでシェア。

もちろん理由がある、説明しようッ

スポンサーリンク


眠れない理由の第一位は

ぼくらが眠れなくなる理由の第一位は『不安』『ストレス』だそうで、特に過去への後悔、未来への不安は寝る前のメンタルを蝕むのであります。

よって運動でストレスケアしたり、友人との食事で不安解消すればその日ぐっすり眠れるわけですね。研究チームいわく、

『現代人忙しすぎじゃね?そんでやることどんどん膨れ上がるから未消化のタスクが増えてストレス抱えてね?だから寝れないんじゃね?』

とのこと。

なるほど確かに、やることが終わらないと頭の片隅で消化不良感ありますもんね。それが原因で明日への不安が大きくなり、寝れないのではないかと。

以前書いた「僕らはやることが多すぎるから自由になれない」と似たような話ですな。

明日の予定を紙に書いた学生は9分早く眠れるようになった

そこでだ

ベイラー大学研究チームは57名の学生を2グループに分けて1週間実験しました。

  • 寝る前に、明日の予定を紙に書きだしてもらうグループ
  • 寝る前に、今日、または前日に終えた作業を紙に書きだしてもらうグループ

そのうえで脳波を図り、どれぐらい眠りが早くなるか調べたそうな。その結果、前述したように『明日の予定を紙に書きだしたグループ』の方は9分も早く眠れるようになりました。

9分は睡眠薬並みに眠る速度が早まったことを意味します。

なぜ明日の予定を紙に書くと眠れるようになるのか

心理学では昔から、『イライラを紙に書くとストレスが下がる』など筆記開示がメンタルに良い影響を与えることが確認されていまして、僕らはどうやら気持ちを紙に書いて言語化すると感情と切り離すことができるみたいなんです(だから大事なことメモするとすぐ忘れますよね)

今回も実験も同様で、頭の片隅でストレスになりやすい未消化のタスクや明日の予定を一度紙に書くことで体から切り離せるのでは?というのが研究チームの見解。

なるほど、明日の予定なら5分もあれば書けるし試してみる価値はありそうですね。

ちなみにスマホのメモ機能でも大丈夫?との疑問もありますが今んとこ不明です。実験では「紙に書いた」そうだし、他の実験でもスマホのメモより筆記の方がデータ多いんで、試すなら筆記にしてみた方が良いのではないかと。

わかりました

まとめ

まとめますと、寝る前に5分ほど明日のToDoリスト(予定)を書くと、ストレスが体から切り離されて早く眠れるようになるそうです。

紙とペンがあればすぐ行えるんで試してみる価値はありそうですね。実験の期間は1週間でしたが、1~4週間ほど続けてみれば効果を確認できるかもしれやせんぜ。

とはいえ、試したけど全然眠れないでござんず…って場合は以下の記事も参考にどぞッ

てことでばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)