カフェインは起床後90分間は摂取しない方がいいらしい



カフェインに覚醒効果があるのは有名なことでして、例えば夜更かししたい時にコーヒーを飲んだり、午後のウトウトタイムをコーラでシャキッとしたりと、非覚醒状態を覚醒させたくて利用する方も多いと思います。

中でも『目覚めた直後』は夢うつつなため「覚醒するためにカフェインを摂らねば」と思ってしまいがち。ところがそれはあまりよろしくないとのこと。

というのも人は体内時計的に目覚めて90分間は『自動的に覚醒モード』に入るんだとか。

まぁ言われてみれば、そのシステムがなきゃいつまでも眠たいままなのでそりゃそうかって感じですが意外と盲点ですな。

ということで、カフェインの摂取は目覚めて90分以降が良さそうです。

カフェイン以外にもある覚醒を助けるスイッチ

そしてこんなこともわかっている

起床後に覚醒スイッチを入れる方法はカフェイン以外にも色々ありまして…。

  • 太陽の光(25,000ルクスの光を浴びる)
  • ブルーライトを浴びる
  • 運動をして脳に酸素を供給

なども合わせるとかなり目覚めがよくなります。

ちなみに「やる気を入れる5つのスイッチ」というまとめ記事も書いてるので参考にどぞッ

では、ばいびー♥



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)