Apple Watchで先延ばし防止するためのアプリとカスタマイズ方法

仕事にApple Watchを導入したところ生産性がグンとアップしました。

詳しくは「Apple Watch Series6で絵の仕事のスピードと生産性が爆上がりした件」にも書きましたが、仕事時間が短くなったのはもちろん

  • 「Apple Watchのおかげで先延ばしが起きにくくなったなー」

と実感しています。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/11559 target=]

てことで今回は、私が具体的にどのようにApple Watchをカスタマイズして先延ばし防止しているかご紹介します。

Apple Watchの導入を検討している方は参考程度に。

利用しているバージョン:Apple Watch Series6

利用しているバージョンは2021年2月時点で最新の「Apple Watch Series6」です。

  • 血中酸素濃度を測れる:睡眠時無呼吸症候群の指針になる…かも
  • ディスプレイの常時点灯:腕を上げなくても画面がついたままになっている

という機能がありますが、この2つが必要ないならもっと安い型の「Apple Watch SE」でも十分役立つと思います。

※ちなみにApple Watchの利用にはiPhoneが必要なので、iPhoneユーザー以外はご利用になれません。

文字盤

文字盤は「仕事用」「プライベート(休憩)用」の2つを利用しています。

  • 左は仕事用:タイマーやカレンダーが表示されている
  • 右は休憩用:予定やタイマーがない

時間を管理して達成したいタスクに取り組むときは左(仕事用)を利用し、映画を観たり休憩するときは右側に切り替えます。

「休憩中も仕事のことを考えて脳が疲れないようにする」ための対策ですな。

コンプリケーション

Apple Watchの文字盤(コンプリケーション)にアプリを設定しておけば、1クリックで起動できます。

私のコンプリケーションの設定はこんな感じです。

利用アプリ

それぞれのアプリの用途を解説します。

これらのアプリは以下3つの時間術をやりやすくカスタマイズされたものです。

  • タイムボクシング
  • ポモドーロテクニック
  • アカウンタビリティチャート

どれもライフハック界では有名なテクニックで、集中力アップや目標達成率向上が期待できます。

詳しくは「本当に効果ある時間管理テク4選」をご参照くださいませ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/11569 target=]

深呼吸

振動と画面で深呼吸をアナウンスしてくれるアプリです。休憩中に瞑想したくなったら使います。

カレンダー

iPhoneのカレンダーです。その日の予定が表示されます。

前述した「タイムボクシング」に利用します。

Time Sheet(有料)

Timesheet 時間記録

Timesheet 時間記録
開発元:Flask LLP
¥490
posted withアプリーチ

「何時に、何分、何をしたか」をカレンダーに記録してくれるアプリです。

たとえば、仕事のスタート時と終了時にタイマーを押せば「何時~何時まで仕事したか」がカレンダーに記録され、前述した「アカウンタビリティチャート」に利用できます。

有料ですがシンプルで使い勝手が良いアプリなのでおすすめです。

Flat Tomato

Flat Tomato (Pomodoro / ポモドーロ)

Flat Tomato (Pomodoro / ポモドーロ)
開発元:Jian bu
無料
posted withアプリーチ

一度スタートすれば「タスク→休憩」のサイクルを繰り返す「ポモドーロテクニック」用のアプリです。

私は「27分タスク→3分休憩」のサイクルを回していまして、休憩中は「深呼吸アプリ」を2分間使用しています。

StepApp

StepsApp 歩数計

StepsApp 歩数計
開発元:StepsApp GmbH
無料
posted withアプリーチ

「歩数」を計測してくれるアプリです。

仕事用ではありませんが、健康のために毎日1万歩は歩きたいので目安にしています。

余談ですが、消費カロリーも表示されるのでダイエットのモチベーションアップにもいいかと。

以上です。