ゼロから自由な時間をつくるには何から始めればいいのか|人生攻略ロードマップ

「時間に追われず好きなだけ創作活動できるようになろうぜ!」がテーマな当サイト。

というのも私も昔「忙しすぎて創作する時間がない…」とメンタル病んだ時期がありまして、そんな経緯もあり「自由な時間が確保できる働き方」をちょくちょく発信しています。

てことで今回は「ゼロから自由な時間をつくるには何から始めればいいのか」を3ステップに分けて考察します。

私が以前広告漫画を描かせていただいた「人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略」を参考にしましょう。

先に結論から言うと、以下のような感じっすな。

  1. 需要があるスキル(プログラミング、イラストなど)を学びフリーランスになるか自分でビジネスを始める
  2. 稼いだ金で新たなスキルを学んで時給を上げる
  3. 経験やノウハウをブログやYouTubeで発信し資産型メディアを育てる

1 スキルを学んで「働き方」を変える

自由な時間を作るために真っ先に取り組むべきは「働き方を変える」ことでしょう。

具体的には「働いた時間=収入」という時給労働から「生み出した成果=収入」という成果報酬労働に変える必要があります。

  • 時給労働:アルバイト、会社員など給料が固定的な仕事
  • 成果報酬:フリーランス、YouTuberなど生み出したコンテンツの質が収入になる仕事

「イラストの仕事」を例にすると以下のような感じっすね。

  • 時給労働:1時間絵を描くと1,000円支払われる
  • 成果報酬:絵を1枚仕上げると3万円支払われる

時給労働の場合、収入を増やすには「働く時間を増やす」という選択肢しかありません。労働した時間や日数によって収入が決められているからです。

一方、成果報酬の場合は「収入は保ちつつ働く時間を減らす」ことができます。工夫や改善で仕事を早く終わらせても成果は同じだからです。

たとえば、今まで10時間かかってた作業を5時間で終えられるよう工夫すれば、時給単価を倍にすることができるわけですな。

  • 3万円の仕事に10時間かかってた場合:時給3,000円
  • 3万円の仕事を5時間で終えた場合:時給6,000円

成果報酬型の仕事では、時給単価5,000円以上で働けるような案件も珍しくありません。

まぁ逆に能力が低かったり効率が悪いと時給300円みたいなこともあり得るので、ちゃんとスキルを学んだり、効率的な働き方を追求する必要はあります。

詳しくは「フリーランスの仕事に時間がかかりすぎて時給が下がる3つの原因」を参考にどうぞ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/14274 target=]
  • 第1ステップ:スキルを学んでフリーランスになるか自分でビジネスをやる

2 時給を上げる

成果報酬型の仕事を始めたら、次に取り組むべきは「時給を上げる」ことでしょう。

※厳密には「時間労働単価」のほうが正しそうですが、わかりやすく「時給」としておきます。

時給を上げる方法は以下2つが考えられます。

言わずもがな、時給が高くなれば働く時間を短くすることができます。

会社務めの場合は週40時間労働が義務付けられてたりしますが、個人の場合は「労働時間」は基本的に自由だからです(たとえば私は基本的に1日2時間しか働きません)

時給が高くなれば収入も上がるので、新たなスキルに自己投資してさらに時給を上げることもできます。

てな感じで、より時給が高い仕事ができるようになれば働く時間を減らすことができます。

とどのつまり「需要あるスキルを身につける」ことが何より重要になるので、自己投資の意識は高めておいたほうがいいかもしれません。

自己投資については注意点もあるので「自己投資(自分磨き)の成功率を心理学的に高める方法」を参考にどうぞ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/13014 target=]
  • 第2ステップ:単価の高いスキルを身につけたり、仕事を効率化して時間単価を上げる

3 資産型メディアを育てる

最後に取り組むべきは「労働時間と収入を切り離す」ことです。

ざっくり言うと、働かなくても収入が発生するような資産を育てるわけですな。具体的にはブログ、YouTubeなどのネットメディアです。

成果報酬の働き方に変えて仕事を効率化しても、結局「仕事しないと収入が発生しない」という難点があります。

これでは病気で働けなくなったらアウトだし、「本当にやりたいことより仕事を優先してしまう」という事もありえるでしょう。

しかし、資産型のメディアを育てれば「寝てる間も収入が発生する状態」がつくれます。

たとえば、私のYouTubeには600本以上の動画が投稿されていまして、こうして文章を書いてる間も、寝てる間も、さんぽしてる間も勝手に再生されて広告収入が発生しています。

広告収入が発生する条件は「私が労働すること」ではなく「お客が動画を見ること」だからです。

このように、ネット上に集客力あるコンテンツをいくつか投下しておけば半自動で収入を得ることが可能になります。

ちなみに、私が8年前に自由を求めて最初に取り組みはじめたのが「資産型メディア(ブログ)を育てる」ことでした。

その頃にどんなことを意識していたかは「労働時間を短くするため7年前の私がやった3つのこと」でまとめてるので、興味があれば参考程度に。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/14177 target=]

4 まとめ

てなわけで、まとめますと「自由な時間をつくるために最初に取り組むべきは」

  1. 成果報酬の仕事を始めるためスキルを学ぶ:フリーランス or 自分でビジネス
  2. 時給を上げる:スキルを磨く、工夫や効率化
  3. 資産型メディアを育てる:ブログやYouTubeなど

具体的には以下のようなロードマップがいいかもしれません。

「3資産型メディアを育てる」より先のステップも「人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略」で紹介されてるので、興味があれば参考に。

とても読みやすいですし、この手の本にありがちな「根性論」ではなく「論理的」なロードマップが解説されているのでおすすめです。

以上です。