好きなことで飯が食える時代ッ

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

『好きなことで飯が食えるのは一部の人だけ』だったのはもはや過去の話だ。

現代はもっと可能性が開けていて、自分が好きなことをビジネスにするチャンスがそこかしこに転がっている。

しかも新たなプラットフォームは次々と誕生し、あなたの夢や理想を叶える土台は日々作られ続けているのだ。

スポンサーリンク


需要あるところに、サービスは生まれる

前述したように「好きなことをビジネスにできるプラットフォーム」は次々と生まれている。

たとえば有名なのはYou Tube、もちろんブログやPixivFANBOXもメジャーだ。しかもこのようなサービスは年々増加傾向にある。

もしあなたがそれらのメディアを使い好きなことを仕事にしたいならルールは単純明快だ『支援者を多く集めればビジネスになる』のである。

かつてこれほどまで個人の可能性が開けた時代はなかった。そしてこれからも個人の可能性は広がっていくのだろう。

古い価値観はあなたの行く手を阻む

ところがテクノロジーが急速に変化しても、人の価値観は中々変わらない。

これだけ個人に有利な時代になっても、いまだに企業に属して定年まで安定という旧時代の考えを捨てられない人も多いのだ。

そのような古い人達にあなたが「好きなことで生きる」など言おうものなら青ざめてイシツブテを投げてくるだろう。

そして悪しき宗教に染まった者を洗脳から解こうとするかのごとく、あなたに「目を覚ませ」「そんなことできっこない」と言い迫るかもしれない。

でも、無視してOK。

古い価値観に耳を傾けてはいけない、その価値観はもはや沈みかけた船と同じなのだ。

 

 

たっつーのツイッターはこちら

では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

「創作で生きる」をテーマに14歳で学校やめて個人事業主になったクリエイター、以来10数年、大道芸からゲーム実況まで趣味を仕事にして暮らしている。 【活躍内容】 1・絵師やゲーム実況者が二次創作に活用しやすいフリーゲームの制作| 2・創作に役立つノウハウ研究&シェア|

おすすめ記事(一部広告含む)