漫画ネーム小説プロットは何時に練ればサクサク作れる?体内時計で考察

今回のテーマは『ネームは何時に練ればサクサク進むか』です。クロノタイプ(体内時計)の話ですね。

結論から言いましょう、ネームは朝に作るのがオススメです。

!?なぜですか? もちろん理由がある、説明しようッ

ちなみに、こんな時間割を立てるのがおすすめ、その理由はこれから。

  • アイディア出し夜21:00~23:00
  • ネームプロット朝目覚めから4時間

↓今回の喋り版↓

スポンサーリンク


【クロノタイプで作業時間を考える】

先に述べますがクロノタイプは人によって違います。すでにあなたが最も作業しやすい時間帯を発見できてるなら、その時間帯に作業すればOKです。

以下のように思う方だけ今回の話を参考に。

  • 今の作業時間はしっくりこないな?
  • 別の時間だったらもっと効率上がるかな?
そんで?

さて、クロノタイプは人によって違いますが、おおよそどんな人にも共通した法則もありまして、それは以下です。

  • 目覚めて2時間以内が最も思考力が働く
  • 4:00~7:00は学習機能が著しく下がる
  • 21:00~23:00は脳が緩和モードになり集中できない

時間に多少の前後はあれど、これらはほとんどの人に共通と言われています。

へぇ~

アイディア出しと集中作業は同時にはできないので、タスクを分けた方が良いかと思います。

アイディア出しの知識はこちら

以上のことから、脳が緩和モードになり集中できない夜にアイディアを出し、自制心や認知力が高まる午前中にネームをまとめるのがいいのでは?と結論付けました。

なるほどな

 

【午前のゴールデンタイム】

朝目覚めた2時間は脳のゴールデンタイムと呼ばれています、睡眠で脳の疲れが回復しているからです。

大事な選択は朝にすべき理由

中でも朝食後30分が最も脳機能が高まり、その後約4時間持続します。

ざっくり、午前中は脳の認知力や自制心が高いと考えておきましょう。なのでネームの組み立て、プロット構成など認知力を使う作業を行いやすいと思います。

【4:00~7:00は学習機能が下がる】

朝は脳が冴えますが、早すぎると意味がありません。

4:00~7:00は学習機能が著しく下がることがわかっています。

なんだとォ

人間は夜行性ではないので仕方ありませんね、太陽が昇りきらない時間に早起きしても早起きの得は得られないというのが現代心理学の結論です。

午前中の利点を活かすなら7:00~9:00に起床して作業に取りかかるのがいいかと。

【21:00~23:00は緩和モード】

夜21時~23時は脳が緩和モードに入り学習力、集中力が発揮できなくなります。

この時間帯は気合いが必要な作業は避けて、アイディア出しに使うのが効率的かと※アイディアは集中してると出ないので緩和モードと相性がいいです。

出たアイディアはメモっておいて、翌朝に精査してみるといいでしょう。

てことなんだぜッ、わかったか? わかりました

【まとめ】

まとめますと、漫画のネームや小説プロットを練るなら『午前中』がおすすめ、アイディア出しは21~23時の緩和モードがいいでしょう。

とはいえ、そもそもネームの構成やプロットの書き方で躓いてるんだけど…という人向けに続きのコンテンツご用意してます。

圧倒的プロット術!

圧倒的プロット術!

物語を13ブロックに分け、パズルを組むように完成させていくプロット術をご紹介。

名作に隠されてた法則がわかるようになるので、とりあえずこの法則に沿って物語を作ってみてば良いのではないかとッ

【クイズコーナー】

今回も内容を振り返り使える知識として定着しましょー。

クイズで記憶を定着だッ

【問題】脳の緩和モードって何時から何時だっけ?

【答え(反転)】21時~23時、この時間は脳を休めてアイディア出ししよう。

覚えたら誰かに話してみてね、記憶の定着率が高くなるよ



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

おすすめ記事(一部広告含む)